便秘が解消され血液もサラサラに

たくさん水を飲むようにすると、ダイエットのほかにもたくさんの健康効果が期待できます。 第一に、体の中の老廃物が洗い流されてきれいになります。 水分をたくさん取ると腎臓の働きがよくなって尿がたくさん出ますし、消化器を刺激して便通を促します。 便自体も軟らかくなります。 また逆に、体内の水分が少なくなると、血液の濃度が高くなり、ねばねばとした血液が血の流れを妨げます。 きれいなサラサ…

Read more

食事中には水を飲まない

ダイエットをする人は、1日1・8リットルの水分が必要です。 量としては多く感じますが、何度かに分けると案外飲めるものです。 水の効果的な飲み方というのは、1・8リットルを1日5回に分けてコップ2杯ずつ飲む方法です。 まず、朝起きたときにお湯を2杯飲みます。 起きぬけは胃腸がまだ目覚めていませんから、冷たい水では刺激が強すぎる場合があります。 その後は8時、10時、15時、20…

Read more

水を飲むと脂肪が燃焼しやすくなる

人間の体は60%が水分でできています。 このことからもわかるように、体内での水の役割は非常にたいせつで、多岐にわたるのです。 体の中でも水分をよ昨(多く含んでいるのは脳と筋肉です。 脳は70~85%、筋肉は75%が水分です。 ですから、体のほかの部分よりも水が多く必要になります。 体の脂肪を燃やし、エネルギーとして消費することをエネルギー代謝といいます。 この脳と筋肉とは、体の…

Read more

水中ウォーキングは腰や心臓への負担が少ない

水の中で30分間、ただ歩き続けるのは退屈だと思う人もいるかもしれませんが、実はそうでもないのです。 私の場合は今週のスケジュールや、書かなければならない原稿の内容をまとめたり、趣味のゴルフのことを考えたりしています。 するとあっという間に時間がたっているのです。 水中ウォーキングの本などには、友だちと話をしながら歩くといいと書いてあることもあります。 しかし、プールでしゃべりながら…

Read more

水中ウォーキングのすすめ

水の中は浮力が働き、足や腰への負担が陸上に比べて少なくなります。 これが水中ウォーキングの長所です。 適度な運動には、心臓病、糖尿病などを始めとする生活習慣病の予防効果があります。 もちろん、それらの病気の原因となる肥満の予防や解消にも運動は欠かせません。 しかし、すでに太ってしまっている人は、ウォーキングなどの運動を行うと、体重分の負担がかかって、足腰の関節を痛める可能性がありま…

Read more