アトピーの方は皮膚の水分が少ない

アトピー性皮膚炎の完治は確かに難しいのですが、症状を改善させる方法はいくっかあります。 そのなかで最も簡単にできるのが、水を使った方法です。 アトピー性皮膚炎は、一般的に冬になると症状が悪化します。 それは、冬の乾燥で皮膚がひび割れを起こし、細菌が皮膚内に入りやすくなって皮膚の炎症が広がり、かゆみが強くなるためです。 そのかゆみに耐えかねて、皮膚をかいてしまうと、細菌が皮膚の奥にも…

Read more

アトピー性皮膚炎のかゆみはよく水を飲みかゆい時は冷水て湿布すると鎮静

正体不明のアトピー性皮膚炎 いまやアレルギー性疾患の代表といえるほど、アトピー性皮膚炎に悩んでいる人は多いようです。 以前は、アトピー性皮膚炎の多くは乳児期に発症し、小学校に入学するまで、あるいは思春期ごろまでには軽快するといわれていました。 一昔前までは、高校生のアトピー性皮膚炎などは、ほとんど見られなかったのです。 ところが、最近は幼児ばかりか成人の間でもアトピー性皮膚炎の…

Read more

尿が無色透明になるくらいがいい

ウォーター・ローディングは、「少しずつ分けて、トータルでたくさん飲む」というのが大原則です。 1日に飲む目安として、最低1・5リットルの水を、何回かに分けて飲むようにして、体格や季節により増減してください。 そして、1度に飲む量は250ミリリットル以下、1時間に最大でも800ミリリットル程度にします。 これは、水分の吸収を円滑にするためです。 また、前の記事でお話しした「ちょっ…

Read more

水を飲まないと運動能力が落ちる

ウォーター・ローディングは、卜ライアスロンやマラソン選手の間で、盛んに行われています。 レースに先立つI週間あるいは10日前から、毎日2召以上の水を飲んで、レース当日に体の中の水分が満杯の状態になるようにするのです。 これは、運動によって失われた水分、あるいはこれから失うであろう水分を計画的に補給して、体調を崩すことなくレースを乗り切ろうとするためです。 なぜ、これほど水分の損失にこ…

Read more

多量の発汗は血液がドロドロになる

私たちは日常生活の習慣として、「さて、一服するか」というように、休息を兼ねたお茶の時間を一日に何回か作ります。 これはホッと一息いれる、いわばリラックスするためのこととされていますが、昔から水分補給の重要性が理解されていたと考えられます。 定期的な水分補給が習慣になっていると、のどの渇きを感じなくても、自然と体から失われた水分を補給していることになるからです。 ところが、暑いとき…

Read more