水を飲むと脂肪が燃焼しやすくなる

人間の体は60%が水分でできています。
このことからもわかるように、体内での水の役割は非常にたいせつで、多岐にわたるのです。

体の中でも水分をよ昨(多く含んでいるのは脳と筋肉です。
脳は70~85%、筋肉は75%が水分です。
ですから、体のほかの部分よりも水が多く必要になります。

体の脂肪を燃やし、エネルギーとして消費することをエネルギー代謝といいます。
この脳と筋肉とは、体の中で最もエネルギー代謝が高い器官でもあります。
そして、代謝をよくし、体脂肪を燃やすことがダイエットの基本になりますが、脳と筋肉に限らず、代謝をよくするには、豊富な水分が必要なのです。

水をじゅうぶんに飲むのと飲まないのとでは、筋肉のふえ方や脂肪のヘー方が全然違います。
好きなだけ水を飲みながら運動した人は、水分補給を制限しながら運動した人に比べて、体重も体脂肪も格段に効率よく減少するという実験結果も出ています。

また、運動時に水を制限すると体温の上昇が早く、疲労感も強くなります。
運動を楽にし、効率的にエネルギーを燃焼させるためには、水分の摂取が欠かせないのです。

 

2013/06/28 水を飲むと脂肪が燃焼しやすくなる はコメントを受け付けていません。 水と健康