水を飲むと脂肪が燃焼しやすくなる

人間の体は60%が水分でできています。 このことからもわかるように、体内での水の役割は非常にたいせつで、多岐にわたるのです。 体の中でも水分をよ昨(多く含んでいるのは脳と筋肉です。 脳は70~85%、筋肉は75%が水分です。 ですから、体のほかの部分よりも水が多く必要になります。 体の脂肪を燃やし、エネルギーとして消費することをエネルギー代謝といいます。 この脳と筋肉とは、体の…

Read more

体の中も水で活性化させる

外部からの水の刺激だけがたいせつなのではありません。 体内に水分が不足すると血液の濃度が濃くなり、血液が滞ってしまいます。 これは脳卒中を始めとする血管の病気を招くもとになりますから、体内に適度な水分を補給することが大切になります。 水をとることで血液の濃度を下げることができます。 また、体内の老廃物を汗や尿として体外に排出するためにも水は必要です。 水が心身に及ぼす影響はは…

Read more

冷たい水は体の働きを活発にする

生まれてから6歳くらいまでの育て方や生活で、自律神経と副腎皮質ホルモンの働きはある程度決まってしまいます。 この時期にたっぷりと水に触れさせて心身の鍛練をし、いきいきした生活をさせてあげれば、交感神経(自律神経の一つで、体を活動的な方向へ導く)が緊張するようになり、 一般にステロイドホルモンと呼ばれる副腎皮質ホルモンも正常に分泌されるようになります。 それはつまり体が活性化するということ…

Read more

水に触れたい欲求は人間の本能

水は、人間の体と心を育てるために非常に大きな影響を及ぼします。 年齢に関係なく、人間の心身は水によってさまざまな恩恵を得ることができます。 「水に触れたい」という気持ちは、人間にとって、動物としての本能的な欲求なのです。 子どもは、1歳ぐらいになると、水に触れることを好むようになります。 そばに置いてある水を手でかきまわすことが大好きですし、水道から水がでていると、無意識に手を伸ばしま…

Read more

はじめまして

当サイトをご覧頂きありがとうございます。 ここでは水にスポットをあてた役立つ情報を発信していきます。 皆様どうぞよろしくお願い致します。  …

Read more