水に酢酸アルミを加えると炎症にも効果

さらに、皮膚が炎症を起こしているときは、酢酸アルミニウム(炎症をおさえる作用のある物質)の粉末を加えた冷たい水の中で冷やすと効果てきめんです。 酢酸アルミニウムは薬局でも入手できますので、お店の人に聞いてみるとよいでしょう。 洗面器I杯の水に、約1gの酢酸アルミニウムを入れ、冷湿布と同じように患部を冷やすと、炎症がかなりひきます。 特に男性は、ひげそりがアトピー性皮膚炎や炎症を悪化さ…

Read more

かゆくなったら水で冷やす

先程も申しあげましたが、アトピー性皮膚炎でポイントになっている症状は「かゆみ」です。 アレルギー体質の人は、かゆみの知覚神経が過敏になり、動物の毛やほこりの付着、ある食べ物の摂取など日常のささいなことでかゆみを感じます。 水分を補給して、できるだけかゆみを事前に防げればいいのですが、実際にかゆくなってしまった場合は、抗ヒスタミン剤による治療が一般的です。 しかし、さらに手軽にできる方…

Read more

アトピーの方は皮膚の水分が少ない

アトピー性皮膚炎の完治は確かに難しいのですが、症状を改善させる方法はいくっかあります。 そのなかで最も簡単にできるのが、水を使った方法です。 アトピー性皮膚炎は、一般的に冬になると症状が悪化します。 それは、冬の乾燥で皮膚がひび割れを起こし、細菌が皮膚内に入りやすくなって皮膚の炎症が広がり、かゆみが強くなるためです。 そのかゆみに耐えかねて、皮膚をかいてしまうと、細菌が皮膚の奥にも…

Read more

アトピー性皮膚炎のかゆみはよく水を飲みかゆい時は冷水て湿布すると鎮静

正体不明のアトピー性皮膚炎 いまやアレルギー性疾患の代表といえるほど、アトピー性皮膚炎に悩んでいる人は多いようです。 以前は、アトピー性皮膚炎の多くは乳児期に発症し、小学校に入学するまで、あるいは思春期ごろまでには軽快するといわれていました。 一昔前までは、高校生のアトピー性皮膚炎などは、ほとんど見られなかったのです。 ところが、最近は幼児ばかりか成人の間でもアトピー性皮膚炎の…

Read more