今話題で人気の桜島活泉水が凄い!その驚くべき効果とは?

kss

最近口コミで注目の鹿児島生まれの天然アルカリイオン水「桜島 活泉水」。
テレビや雑誌などでも紹介された、この不思議な水の魅力に迫ってみたいと思います。

口コミで広まっている桜島の活火山層の湧き水とは?

私たちの体の60%以上は、水でできています。
だからこそ、キレイと健康を手に入れるには、「おいしくて体にいい水」を上手に取ることが大切。
そこで、注目の不思議な水を紹介します。

皆さんは、「活泉水」という水をご存じでしょうか。
鹿児島県には世界有数の活火山、桜島があります。
その火山層から湧き出た水が活泉水です。

活泉水にはどんな特徴や効果があるのか調べてみました。

活泉水とピロリ菌の関係

活泉水には、ほかの水にはない、すばらしい特徴がいくつもあります。

例えば、活火山特有のミネラルを豊富に含むことや、アルカリ度が高く、抗酸化力にすぐれたマイナスイオン水であること。
また、通常のミネラルウォーターの半分以下という、極めて小さな粒子のため、体に吸収されやすいというメリットもあります。

このような活泉水は、医療現場でも役立っています。

過去に、ある病院の患者さんの協力を得て、「ピロリ菌」との関係を調べてみたことがあるそうです。
胃潰瘍や胃ガンなどの原因となるピロリ菌は、高齢になるほど保有率が高まります。
そこで、入院中の高齢者の患者さんのうち、ピロリ菌の血清抗体が陽性だった12人を対象に、体内に取り込む水を、すべて活泉水に切り替えてもらったそうです。

そして1年後、改めてピロリ菌の血清抗体を検査してみたところ、全員の数値が低下していたそうです。

これは、アルカリ度の高い活泉水が、酸性に傾いた胃を中和したと考えられています。
あるいは、活泉水の持つ抗酸化力が、ピロリ菌をへらした可能性も考えられるでしょう。

いずれにしても、よい水を飲むことは、体内浄化の基本です。
基礎代謝を高めることで、成人病の予防にもつながります。

病院でも使われている活泉水。患者さんの反応は?

ある病院では、すでに1995年から「活泉水」を導入されています。
鹿児島県・桜島の火山層から湧き出る「活泉水」は、火山特有のミネラルやクロレラが豊富に含まれており、地の恩恵をたっぷり受けた良質の天然水です。

特に、pH値10前後という、非常に高いアルカリ度は、酸性に偏りやすくなっている現代人をサポートします。
加えて、強力な抗酸化力を持つマイナスイオン水であり、水の粒子が小さく吸収率がいいことも、患者さんの健康維持に役立つと考えて採用されたようです。

胃潰瘍や胃ガンの原因となるピロリ菌は、高齢になるほど保有率が高まります。
しかしその病院では、保有率がもともと3割と少なかったため、活泉水とピロリ菌の関係を調べてみたそうです。
高齢の人院患者さんのうち、ピロリ菌の血清抗体の数値が陽性だった12人を対象に、体内に取り込む水をすべて、活泉水に切り替えてもらったのです。

そして1年後、改めて検査すると、全員の数値が低下。
しかも、そのうち2人は陰性に。
陰性に至らなかった患者さんの中にも、数値が半分以下に下がった人が6人。
136が12・5、101が23・8など、驚くほど激減した症例もありました。

理由はおそらく、活泉水の高アルカリ度によるものと考えられます。
胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃ガンなどの消化器系疾患では、胄腸が酸性に傾きます。
そこで、アルカリ性に持っていくための薬を処方することがよくあるからです。

高アルカリ度の活泉水を飮むことで、胃薬と同様の作用が働き、酸性に傾いた胃を中和した、あるいは、強力なマイナスイオン水である活泉水の抗酸化力が、ピロリ菌をへらした可能性も考えられます。

過去には、胃ガン患者さんに活泉水を与えたところ、宣告余命より5年も長生きされたケースもあったそうです。

ですから、多くの人の胃腸の調子を整えると考えられます。

この水を飲むようになってからは、患者さんから「便秘が治った」「肌ツヤがよくなった」「体調がよくなった」などの声が届くそうです。

体調改善のほかにも、「お米がふっくら炊きあがる」「活泉水で作った化粧水は肌によくなじむ」といったものもあり、好評を得ているようです。

そんな活泉水ですが、現在お得なキャンペーンを実施中。
興味をもたれた方は一度チェックしてみてください。

飲用レポートの紹介

50代・女性の体験談

あれは、今から2年前のこと。
毎年―回、必ず受けている健康診断で、生まれて初めて指摘を受けました。
コレステロール値が高い、というのです。
そんな私を心配し、健康知識がとても豊富な友人が紹介してくれたのが、「活泉水」でした。

試しに2本いただいた私は、早速飲んでみました。
ほかの水とは違い、ほのかな甘みのある昧と飲みやすさに納得した私は、すべての飲み水を活泉水にしたのです。

以来、毎日1リットル程度は飲んでいるでしょうか。
朝起きたとき、食事の前後、家事の合間、夜寢る前と、小刻みにできるだけ飲むようにしています。

こうして活泉水を飲み始めると、まず体重が安定するようになりました。
「ちょっと食べすぎたな」というときには、活泉水を少し多めに飲みさえすれば、2~3日後には自然と1~2kgやせ、元の体重に戻っているのです。

私の場合、活泉水を飲むと、30分~1時間でトイレに行きたくなります。
おそらく、代謝がよくなっている証拠でしょう。
当然、普段の便通もきちんとあり、血糖値や血圧が下がることもなくなっています。

ですから、毎日体が軽く感じられ、疲れにくくなり、すこぶる調子がいいのです。
そして、体調がいいときほど水が甘く感じるので、活泉水は健康状態のバロメーターにもなっています。

ただ、私はもともとアレルギー体質で、近年は、腕や肩にできた湿疹のかゆみに悩まされていました。

それが、活泉水を飲み始めてからは、かゆみがスーッと引いたうえ、湿疹そのものが消えてしまいました。

また、活泉水は、秋冬の時期にはしもやけにも効果を発揮します。
しもやけの箇所に、活泉水を含ませたコットンを置いて上からくるむように押さえていると、そのわずか数分の間に患部のかゆみが消えていくのです。
薬は、いっさい塗っていません。

活泉水は、飲んでも塗ってもかゆみのケアにいいようで、とても重宝しています。

最近は、そんな私の姿を見て27歳の娘も活泉水を飲み始めました。
どうしても外食や間食をしてしまい、飲み会などもあるようですから、油っこいものを食べたときなどには、できるだけ活泉水を飲むようにしているようです。

外食ばかりの一人暮らしの息子にも、活泉水を多めに送りました。
子供たちには早くからいい水を飲んで、健康維持に役立ててほしいと思っています。

血液をサラサラに保つのに水を飲むことは大切です。
脳梗塞などの生活習慣病は、早くから予防するにこしたことはありません。

この活泉水には、油を溶かす働きがあり、体内の余分な油を排出してくれます。
私たち家族にとって、ほんとうに心強い存在です。

30代・女性の体験談

水を飲む習慣なんてまったくなく、肉ばかり食べて野菜嫌い、そんな生活を続けていましたから、以前の私は頑固な便秘に悩まされていました。
1週間出ないのはあたりまえ、下腹部はパンパンに張り、洋服のサイズは上が9号なのに、下は11号でないと入らない状態でした。

しかし、痛みを伴う下剤は飲む気になれません。
そこで、さまざまな健康食品を試すのですが、一定期間取り続けても、便秘が解消することは結局ありませんでした。

ところが、知人から勧められた「活泉水」を飲み始めてびっくり!

あれほど苦しんでいた便秘が、その日からすっかり解消したのです。

おかけで、服を買いに行くたびに、試着するパンツのウェストが緩くなり、2ヵ月後には9号のパンツが楽にはけていました。
そして気づくと、70cmたったウェストは60cmに、52㎏だった体重も47㎏にまでやせていたのです。
このときは、なんと7号の服が入るまでになっていました。

ただ、私は身長が162cmあるので、このサイズだとやせすぎに近い感じ。
そこで現在は、48~49㎏で9号サイズをキープするようにしています。

こうしたダイエット効果だけでも驚きですが、私の場合、話はまだまだ終わりません。
健康・美容効果は、ほかにも続出したのです。

まず、仕事のストレスがふえた20代から薄くなっていた前髪は、活泉水を飲み始めて1ヵ月でフサフサになりました。
数力月後には、切れ毛がなくなり、髪のコシが復活したので、しかたなくショートにしていた髪型をロングにできたのです。
「天使の輪」ができるほど、強くツヤツヤで指通りのいい髪に大変身です。

また、髪と同様、ストレスの影響が出やすい胃の調子も、活泉水のおかげで安定しています。
悩みごとがあったり、接待でお酒を飲んだりした後には、きまって胃痛に襲われていたのですが、そんな心配はまったくなし。
口周りに3ヵ月に1回はできていたヘルペスも、活泉水を飲み始めてからの6年間で、わずか3回しか現れません。

さらに、代謝がよくなったせいか、汗のにおいが気にならなくなりました。
以前は、香辛料の多い食事を取った翌日など、自分の脇の下が嫌でしたが、現在は不思議なことに、まったく気にならないのです。

ちなみに、飲むときは白湯にして、一日1~2リットル取るのですが、コットンに活泉水を浸し、パックにも活用しています。

こうして、体の内と外から活泉水を収り入れると、キメ細かくてモチモチの肌になります。
昔から使っている化粧水でも、肌への入りが断然よく、柔らかい肌をいつでも維持できるのです。
ニキビと赤ら顔に悩んでいた妹も、「1ヵ月でキメの整った美肌になった」と大喜びです。

とにかく、活泉水はもう手放せません。
常にバッグに入れて持ち歩いています。