アトピー性皮膚炎のかゆみはよく水を飲みかゆい時は冷水て湿布すると鎮静

正体不明のアトピー性皮膚炎

いまやアレルギー性疾患の代表といえるほど、アトピー性皮膚炎に悩んでいる人は多いようです。

以前は、アトピー性皮膚炎の多くは乳児期に発症し、小学校に入学するまで、あるいは思春期ごろまでには軽快するといわれていました。

一昔前までは、高校生のアトピー性皮膚炎などは、ほとんど見られなかったのです。
ところが、最近は幼児ばかりか成人の間でもアトピー性皮膚炎の人がふえ、しかも重症で治すのが困難なタイプが目立ちます。

アレルギー性疾患には、アトピー性皮膚炎のほかに、気管支ぜんそく、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎などがあります。

気管支ぜんそくについては、研究が進み、ぜんそくにかかるしくみや正体がわかってきたので、結果的に治る人が多くなりました。
しかし、同じアレルギー性疾患であるアトピー性皮膚炎に関しては、いまだに本体がわからず、残念ながらなかなか決め手になる治療方法が見つかっていないというのが現状です。

 

2013/07/27 アトピー性皮膚炎のかゆみはよく水を飲みかゆい時は冷水て湿布すると鎮静 はコメントを受け付けていません。 水とアトピー